新着情報 イベント情報

最新の新着情報の記事

(前月|次月)
表示月の変更 
「消費税が上がったら住宅の購入にはどんな影響があるの?」
「消費税が上がる前に家を買った方がお得?」

このようにお悩みの方はいませんか?
2019年10月に予定されている消費税の引き上げですが、住宅など大きな買い物を考えている方は影響が大きくなるので注意が必要です。
そこで今回は、消費税の引き上げが住宅購入にもたらす影響について詳しくお話します。
 

□消費税の引き上げとは?


日本では2019年10月に消費税は8%から10%に引き上げられる予定になっています。
これは大きな金額の買い物をする人にとっては重要な問題ですよね。
例えば新築物件を4000万円の価格で購入するとき、今まで4320万円で購入できたものが4400万円にまで上がってしまうのです。
80万円の消費税がプラスされてしまうのは家計に大きな負担ですよね。
また仲介手数料にも消費税がかかるので、住宅の購入に必要なお金はトータルで数十万円以上も上がってしまいます。
 

□住宅ローンの控除


税率が上がる前に住宅の購入を急がなければと考えている方も多いですよね。
その損失を緩和してくれる方法があります。
それが住宅ローンの控除です。
住宅を購入してから半年以内に入居しその後も住み続けることで、最大10年間で400万円の控除を受けられます。
税率の引き上げでダメージを受けたお財布には嬉しいですよね。
 

□住宅はいつ購入すべきか?


普通に考えると2019年の10月までに購入するのがお得だと思いますよね。
ですが少し注意が必要です。
増税前に急いで家を買うとかえって費用が高くつく場合があるんです。
何故なら住宅の購入を急いでいるのはあなただけではありません。
多くの方が住宅の購入を考えて新築物件の需要が高くなれば、その分価格が上昇しますよね?
まだ増税まで半年以上期間がありますが、増税直前になると駆け込み需要が増えるでしょう。
そうなると増税後に住宅の価格が落ち着いてから、購入した方がお得になる場合もあります。
現在住宅の購入を考えている人はむやみに焦らず、慎重にリサーチしてから決めた方が良いでしょう。
 

□まとめ


今回は、目前に迫った消費税の引き上げが住宅の購入にもたらす影響について詳しくお話しました。
住宅の購入は大きなライフイベントですよね。
そのため、後から後悔しないように、焦らずしっかり見極めてから判断すると良いでしょう。
これから住宅の購入を考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。
「木造住宅の魅力って?」
「木造住宅のメリットとデメリットを知りたい!」

このような疑問をお持ちの方はいませんか?
住宅を購入する時は色々迷ってしまうものですよね。
今回はそんな方のために木造住宅のメリットとデメリットについてご紹介します。
 

□木造住宅とは?


木造住宅は、「木造軸組工法」や「2×4 工法」などの工法で建てられています。
では具体的にその違いを見ていきましょう!

*木造軸組工法


在来工法とも呼ばれる工法ですね。
木材によって家の柱を作り、それを組んで立体的に家の骨組みを作っていく工法です。
骨組みから家を支えていく建て方です。
皆さんにも馴染みのある建て方ではないでしょうか?

*2×4 工法


2×4 工法とはハウスメーカーが主に取り扱う工法です。
オーダーメイドの建築ではなく、工場で作られた各パーツを組み合わせて家を建てる工法です。
分かりやすく説明すると、パーツを組み立てた面から家を支える工法になります。
 

□木造住宅のメリット

*木造軸組工法


デザインや間取りの自由がきくのがこの工法の1番のメリットではないでしょうか?
自宅を吹き抜けにすることも出来ますし、後からリフォームやリノベーションをしたくなった時も設計に縛られないため自由に工事ができます。

*2×4 工法


各パーツが工場で綿密な計算のもとで作られているため、家の完成度に心配はいりません。
家の中の気密性もしっかり保たれます。
もう一つのメリットは耐震性や耐久性に強い点ですね。
この工法は家を面で支えるので木造軸組工法よりも耐震性に優れています。
 

□木造住宅のデメリット

*木造軸組工法


工務店や大工さんの技術力に家の完成度が左右されてしまう点ですね。
熟練の大工さんが建てた家は耐久性・気密性ともに優れた家になりますが、未熟な技術者が家を建てると困ったことになります。
そのため、この工法で家を建てる時は信頼できる業者をしっかり見極める必要があります。

*2×4 工法


面で住宅の設計を固定しているため、容易にそれを動かすことはできません。
つまり大規模なリフォームやリノベーションはできないことを意味します。
自由に自分の住まいを変えていきたい方には少々難点ですね。
 

□まとめ


今回は木造住宅のメリットとデメリットについてご紹介しました。
デザインを重視したい方は木造軸組工法、耐震性を1番に考えるなら2×4 工法を選ぶのが良いでしょう。
これから住宅を購入する方は、ぜひ参考にして下さいね。
「引っ越しを考えているけど治安は重視したい!」
「治安の目安になる基準ってあるの?」
このような疑問をお持ちの方はいませんか?
引越し先の治安は気になりますよね。
家族がいる場合は子供の通学路や女性の通勤など学校や駅からのアクセスも重要です
治安の良さをはかる基準や重視すべきポイントについて紹介します。
 

□治安の基準とは?


治安はその人の主観で決まるものなので明確な基準を求められるとなかなか難しいもの。
しかし、最近では付近の警察署が犯罪発生率マップというものをネット上で公開しています。
これを見れば何処でどのような犯罪が起きたのか簡単に見られます。
ですが、注意したいのはこれが認知犯罪件数をもとに作られているという点です。
認知されていない犯罪は反映されないので、明確に地域の犯罪状況を把握することはできません。

しかしながら、引っ越してくる人間にとっては治安を把握する基準になりますよね。
犯罪件数が少ない地域がどこなのかを知っていれば、家選びの時も参考になるでしょう。

 

□治安で重視するポイントは?


土地や物件を購入する時は必ず下見をしましょう。
今回はそこで確認すべきポイントを5つ紹介します。

*人通りと明るさ


下見に行くのは昼間でしょうが、できれば夜間の様子も確認しておいた方が良いかもしれません。
人通りが少なすぎないか、街灯はあるのかしっかり確認しましょう。

*見通しの良さ


住宅近辺の見通しの良さはしっかり確認しましょう。
見通しの悪いところほど犯罪発生率は高くなります。

*駅・バス停からの近さ


なるべく駅やバス停から徒歩10分圏内の場所に住みましょう。
女性や子供はもちろんですが、男性でも夜の一人歩きが安全だとは言えません。

*犯罪の発生を示す看板の有無


付近に犯罪の発生を知らせる看板がないのか探してみましょう。
ひったくりや痴漢の発生を知らせる看板がある場合はその地域への引っ越しは考え直した方が良いでしょう。

以上4つのポイントを紹介しました。
下見に行く時はこれに加えて、近隣の掃除が行き届いているかを確認しても良いかもしれませんね。
ゴミが多いと放火される心配があるので要注意です。
 

□まとめ


今回は引っ越し先の治安をはかる基準やポイントについてお話しました。
治安の良いところに住んだ方が精神的負担や経済的コストも軽くなります。
家族に子供や女性がいる場合は治安を優先して土地や住宅を購入しましょう。
皆さんも引っ越しをする時はぜひ参考にして下さいね。
「マンション選びのポイントって?」
「後悔しないマンションの選び方を知りたい!」
このようにお困りの方はいませんか?
マイホームの購入は後悔しない選び方をしたいものですよね。
今回はマンション選びでお困りの方に注意すべきポイントについて詳しくお話します!
 

□マンションを選ぶ前にすべきこと


まず不動産会社に相談に行く前にやるべきことがあります。
それは自分でどのような物件が欲しいのかを具体的にイメージし、自分で情報収集することです。

*どのような家が欲しいのかを決める


自分のライフスタイルの合わせて物件の間取り、立地条件、築年数など具体的な条件を決めておきましょう。
そうすれば業者に依頼した時もスムーズに物件を紹介してもらえます。

*予算を設定しておく


あらかじめ予算を設定しておけば、後々大きく予算をはみ出すことはありません。
予算は自分の収入を考慮し、住宅ローンの利用も考えながら無理のない範囲で設定しましょう。

*自力で情報収集する


物件の条件と予算が決まれば、自らの足で情報収集するのがおすすめです。
例えば希望の立地条件近くに素敵な物件がないか、実際に出かけて探してみるのも良いでしょう。
あらかじめ周辺状況を見ておけば、後から後悔することもありません。
 

□マンション選びで重視するポイントとは?


いくら自分で条件や予算を決めても、複数の物件を不動産屋に紹介されたり、内見した後でどの物件にすれば良いか迷ってしまうこともありますよね。
そんな時は以下のポイントを重視して考えてみて下さい。

*誰にとって快適な住まいにするかを考える


迷った時は「誰にとって快適な住まいにするのか」という点をもう一度確認してください。
家族がいる場合は子供の教育環境を重視したり、旦那さんの通勤環境を重視したりと家庭によって家選びで優先するポイントは違いますよね。
このような観点から優先するポイントをしっかり確認してくださいね。

*ライフスタイルを時間軸で考える


ライフスタイルは変化していくものです。
普段は意識することはありませんが、子供はいずれ大きくなりますし、両親は年を取っていきます。
そのためライフスタイルが変化しても、暮らしやすい間取りの家を選ぶのがおすすめです。

*周りの環境を重視する


周辺の環境は後から変えることはできません。
「海の見える家に住みたい。」「近くに大きな公園がある家に住みたい。」
このような願望を持っている方はその思いを優先させた方が良いでしょう。
そのほうが後から後悔しないで済みますよ。
 

□まとめ


今回はマンション選びに失敗しないコツをお伝えしました。
後から後悔しないためにもマイホームの購入は慎重に行いましょう。
これから住宅を購入する方は、ぜひ参考にして下さいね。
「中古物件を買う際の注意点が知りたい!」
「リフォームするのに適した中古物件の条件って?」
このようにお困りの方はいませんか?
物件を安く購入して自分好みの部屋に改装するのが夢という方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな方のためにリフォーム適した物件の選び方をお教えします。
 

□どのような物件がおすすめなのか


最近は中古物件を安く購入して、リフォームやリノベーションを施して自分好みの家にするのが流行っていますよね。
憧れのリノベーションですが、物件によっては工事費が大きくかさんでしまうことも…。
そうなると中古物件の魅力であるコスト面が高くついてしまいます。
そうならないためにもリフォーム工事にお金がかからない物件を選ぶことが大切です。
では具体的な中古物件の条件を見ていきましょう。
 

□リフォームに適した中古物件

*2000年以降に建てられた物件


2000年以前に建てられた木造住宅の耐震性はそれ以降に建設されたものと比較して低いと言われています。
そのため、2000年以前に建てられた物件を購入した場合は耐震補強などの工事が必須になります。
耐震工事には数百万円の費用がかかる場合もあるので、できれば築年数19年以内の物件を選びましょう。

*水回りの設備が整っている物件


リフォーム工事で結構費用がかかるのはお風呂やトイレ、台所などの水回りです。
ですが、水回りの基礎がしっかりした物件を選べば、工事費が安く済みます。
さらに元からユニットバスが設置されている物件なら、それを新しいものに取り替えるだけで工事が終わるのでおすすめですよ。

*在来工法の家


木造軸組工法とも呼ばれる工法です。
木材によって家の柱を作り、それを組んで立体的に家の骨組みを作っていく工法です。
骨組みから家を支えていく建て方ですね。
この工法のメリットは間取りやデザインの変更がしやすいという点です。
2×4工法だと家の面を固定しているので、自由に間取りを動かすことができません。
一方在来工法なら、天井を吹き抜けにしたりあなたの好きなように物件を変えられるのでリフォームやリノベーションには最適です。

*排水管・電気の配線が劣化していない物件


排水管の取り替えや電気の配線を増やす工事は高額な費用が必要です。
排水管は地中を掘る工事が必要になりますし、電気配線の工事も場合によっては電力会社に依頼しなければいけない事もあります。
余計なコストを削減するためにも、このような大規模な工事が必要ない物件を購入するようにしましょう。
 

□まとめ


今回はリフォームに適した中古物件の選び方についてお話しました。
中古物件の最大のメリットであるコストの低さを維持するには、リフォーム工事にお金をかけないことが大切です。
これから中古物件の購入を考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。
「住宅ローンを選ぶときの注意点って?」
「失敗しないローンの組み方を知りたい!」
このような疑問をお持ちの方はいませんか?
初めてマイホームを購入するときは慎重に資金計画を立てたいですよね。
今回はそのような方のために住宅ローンを組むときに注意する点について詳しくお話します!
 

□住宅ローンとは?


住宅ローンとは住宅の購入に際して、大金が必要になる人が銀行などの金融機関からそのお金を貸してもらう制度のことを意味します。

*申請の条件は?


ローン審査は勤務先や年収はもちろんローン申請時の年齢と完済時の年齢、健康状態によって判断されます。
あなたが今の勤務先でこの先も長年働いていけるのかという点が重視されます。
消費者金融などで他に借金がある場合は信頼が低くなってしまうので、すぐに借金を清算しましょう。

*ローンはいくらまで借りられるのか?


住宅ローンには借りられる金額の上限が設定されています。
銀行によって返済比率や年収によっていくらまで借りられるのかが決められています。
例えば返済比率が35パーセントに設定されたローンの場合、年収1000万円の人は年に350万円のお金を借りられます。
ですが、ローンの上限ギリギリまでお金を借りてしまうと、後から返済で苦労することになります。
そのため不動産会社や銀行に勧められても、自分自身でいくらまで借りられるのかを明確に判断して無理のないローンを組むようにしましょう。
 

□失敗しない住宅ローン選びとは?

*いくら借りるのかを決める


住宅を購入するときは頭金を設定し、残りをローンで返済するというのが一般的です。
ローンを組む前に頭金をいくら払うのかを決めておきましょう。

*無理のない返済額を設定する


上限ギリギリの返済額とは上で述べた年収の35%にあたる金額のことです。
月の返済額で見ると年収600万円の人は月に17万5千円の返済額になります。
制度としては可能ですが、実際にサラリーマンが返していくには生活にかかる負担がかなり大きくなってしまいますよね。
一般的には無理のない返済額は年収の25%以下と言われています。
返済率が25%だと月の返済額が12万5千円に相当します。
これでも高いと思う方はさらに返済率を下げてみてはいかがでしょうか?

*確実に返済したい方には固定金利がおすすめ


住宅ローンには大きく分けて金利が一定に設定された「固定金利」と金利が変わる「変動金利」の2種類があります。
固定金利は金利が高く設定されていますが、金利は変動しません。
変動金利は低金利の時はお得ですが、将来金利が高くなる可能性があります。
長期間かけて確実にお金を返済したい方には固定金利をおすすめします。
 

□まとめ


今回は住宅ローンを組む時の注意点についてお話しました。
家の購入は大きなライフイベントです。
後から失敗しないためにも無理のない資金計画を立てましょう。
これからマイホームを購入する方は、ぜひ参考にして下さいね。
「中古住宅の購入におすすめのローンって?」
「リフォームにかかる費用をローンで借りられるの?」
中古住宅を安く購入して、リフォームを施して住みやすい家にしたい方も多いのでは?
いくら中古住宅の購入費用が安いとは言っても、リフォーム代や諸費用などを考慮するとなかなか高額になってしまいますよね。
そのような方のために今回は中古住宅の購入と家のリフォームに利用できるローンについて紹介します。
 

□中古住宅におすすめの住宅ローンとは?

*中古物件向けの住宅ローン


中古物件向けの住宅ローンは新築向けのローンとあまり変わりません。
銀行によっては物件の築年数など様々な規定はありますが、金利や返済期間など内容は新築向けのものとほとんど同じです。

*リフォームローン


中古住宅は新築に比べて物件の価格がそれほど高くなく、コスト面でのメリットが魅力的ですが、リフォームやリノベーション工事に高額の費用がかかってしまうのが難点です。
そんな工事費を借りられるのがリフォームローン。
住宅ローンに比べて貸付け金額が小額なので、審査も厳しくなくすぐに借り入れできます。
返済期間は平均で15年までと短く、借りられる金額も1500万円程度が上限に設定されているのが特徴です。
 

□リフォーム一体型住宅ローン


リフォーム一体型の住宅ローンは住宅ローンとリフォームにかかる費用を一括で借りられるローンです。
住宅の購入費とリフォーム費を合計し、その合計金額を長期間で返済するローンですね。
このローンを使えば、住宅・リフォーム費を一括で返済できるので手続きや諸費用が省けます。
また借りるローンの金利によっては別々のローンで返済する場合に比べて合計の返済金額が安くなることもあります。
 

□ローンを申請する時の注意点


ローンが借金であることを忘れてはいけません。
借りる前にいくら借りるのかを決めておき、自分で返せる金額を明確に把握してから月々の返済計画を立てましょう。
変動金利や固定金利などのローンの種類を選ぶ際も、しっかりリスクを把握して慎重に選択しましょう。
 

□まとめ


今回は中古住宅の購入を考えている方におすすめのローンについて紹介しました。
家の購入代とリフォームにかかるお金をまとめられるのは嬉しいですよね。
マイホームの購入にかかるトータルのお金を節約できるので、コスト面を重視する方にはおすすめのローンです。
ですが、ローンを組む時は無理のない返済計画を立てることを忘れないで下さいね。
これから中古住宅の購入を検討している方は、ぜひ参考にして下さい。
「郡山市は子育てするのにどうなの?」
「子育て支援について知りたい!」
家族で別の場所に引越しをする時は、引っ越し先が子育てサポートがしっかりしているのか気になりますよね。
今回はそのような方のために郡山市の子育て環境について詳しくお話します。

□郡山市ってどんなところ?


郡山市は福島県中部に位置しており、で中核都市に指定されています。
人口は約33万人で東北地方で3番目に人口が多く、市街地は活気に溢れています。
1年中を通して乾燥した気候が特徴で夏場でもそれほど暑くはなりません。
一方冬は比較的暖かく、マイナス10度を下回ることはほとんどありません。
自然豊かな地域であり、郡山市内には猪苗代湖や安達太良山など奥羽山脈も位置しています。
敗戦後の困窮した時代から、街をあげて音楽活動を積極的に取り入れ、音楽都市としてのイメージを確立してきました。
過去にはオノヨーコ、沢田研二、内田裕也氏など有名アーティストによる公演も行われました。
 

□郡山市の子育て支援

*子育てに関する給付金


郡山市では下記の給付金の制度を受かられます。

「児童手当」中学3年生までの子供が対象
3歳未満:15,000円 
3歳以上小学校修了前の第1子・第2子:10,000円 
3歳以上小学校修了前の第3子以降:15,000円 
中学生:10,000円

「児童扶養手当」18歳に達する日以後の最初の3月31日まで
児童1人目:月額42,500円~10,030円(所得に応じて) 
児童2人目:月額10,040円~5,020円(所得に応じて) 
児童3人目以降:月額6,020円~3,010円(所得に応じて)

「子供の医療費の助成」18歳に達する日以後の最初の3月31日まで
子供にかかる医療費の一部を助成しています。

「ひとり親家庭の子どもの医療費の助成」
18才以下の子供を養育しているひとり親家庭や父母のいない家庭に対して
子供の医療費の助成を行っています。

*子育て支援事業


「一時的保育」
親が入院や怪我などの事情で育児に専念できない時に子供を保育園で預かってくれる制度です。

「病児保育」
病気の療養・回復期にある子供を対象に専門の施設で預かってくれる制度です。

「産後ヘルパー」
郡山市では産後6ヶ月のお母さんを対象に有料でヘルパーを派遣しています。

「子育て相談」
専門の職員に子育てに関する不安や疑問を相談するのはもちろん、お母さんが臨床心理士による心のケアを受けられます。

*教育事業


「社会奉仕体験活動推進事業」
地域と学校が連携して行う事業です。
子供達が町の清掃などのボランティア活動に参加することで、学校での学習では学べないものを学んでもらうためのプログラムですね。

「郷土を学ぶ体験活動推進事業」
学校の授業外に資料館を訪れたり、郡山市の郷土史にふ触れてもらう機会を増やすプログラムです。
 

□まとめ


今回は郡山市の子育て環境について詳しくお話しました。
郡山は自然豊かな環境だけでなく、子供の教育支援や子育て相談なども手厚いです。
お母さんにとっても安心して子育てができる魅力的な街でしょう。
現在郡山市に引越しを考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。
「中古のマンションを買おうかな…」
「購入する中古マンションをリフォームしようか迷っている」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
今回は、新築物件を購入するのではなく、中古マンションをリフォームするメリットについてご紹介します。
 

□同じ予算でも好立地のマンションを選ぶことができる!

中古マンションの購入を考えているという方が新築マンションを購入しないのには、予算の都合があるかと思います。
「できるだけ安くマンションを購入したい!」
きっと誰もがそう思いますよね。
中古マンションの中でも、できるだけ条件が良くてできるだけ安い物件を探し出したいところです。
しかしながら、駅近で近所の環境が整っているような人気エリアにある物件は物件価格が高いというのが現実です。
「でもやっぱり、良い条件の物件を安く買いたい…」
そんな時におすすめなのが、中古マンションのリフォームです。
築年数が経てばたつほど、マンションの価格は低くなっていきます。
そのため、良い立地にあるけれど、ある程度築年数が経っているマンションの価格は、建設当時と比較すると下がっているはずです。
そんな中古マンションを購入してリフォームすることで、低予算で良い条件の物件を手にすることができるのです。
 

□希望の間取りに変えることができる!

「希望の間取りを完璧に叶えた新築を購入しようと思うと、やっぱり高くつく」
とお悩みの方はいらっしゃいませんか?
また、価格も周辺条件もいい物件を見つけたけれど間取りがいまいちだ、ということもあるかもしれませんね。
そんな時は、中古で購入したマンションをそのままリフォームしてしまいませんか?
中古マンションをリフォームすれば、元々の気に入らなかった間取りや設備を一新して、自分好みに変えてしまうことができます。
しかも、好みの間取りの物件を新しく建てるよりも、ずっと低予算でそれを実現することができるのです。
 

□最後に

今回は、中古マンションをリフォームするメリットについてご紹介しました。
中古マンションを購入してリフォームすれば、好条件で自分好みの間取りの家へと、低予算で作り変えることができるのです。

株式会社リプロ東日本では、お客様にぴったりな中古マンションをご提案するだけでなく、そのマンションをリフォームするところまでセットで承っています。
「低予算でも、条件を妥協せずに希望のマイホームを実現したい!」
そんな方はぜひ株式会社リプロ東日本にご依頼くださいませ。
住む土地を決めるとき、あなたは何を重視しますか?

土地を決める前にその地域の情報をしっかり集めておくことはとても重要です。
一言で住みやすさと言っても、様々な条件が良いとされないと住みやすいとは言えません。

その上でも、福島県の郡山市は住みやすい街です。

では、どのようなところが住みやすいのでしょうか。
郡山市の治安や土地価格の相場、また交通の利便性などを基本情報と共にご紹介します。
 

□郡山市について

福島県の中央に位置するのが郡山市です。
東北地方で、第三位の人口規模を誇っています。
鉄道、東北・磐越両自動車道が交差しており、全国各地へアクセスしやすく交通の利便性が良く、情報が集まる市と言われ、経済は成長し続けています。
また、三春駒や張子人形、そして海老根伝統手漉和紙など、伝統的な職人の作品が有名です。
有名な食べ物は曲がりネギやラーメン、グリーンカレーです。
市内には大型ショッピングモールなどの商業施設も多数あり、基本的に何でも買い揃えることが可能です。
 

□治安はいい?

公園が至るところにあり、緑が多い印象です。
山や川があるため、自然豊かで夏場は子供の遊び場に困らないでしょう。
保育園や幼稚園が数多くあり、小学校、中学校、高校も近くに揃っています。
このように子育てに良い環境が揃っているので家族で住むのにもおすすめです。
病院もあり、飲食店も増えたこともあり住む人が増えてきています。
道はキレイに整備されており、閑静な住宅街がたくさんみられます。
 

□土地価格の相場はいくら?

郡山市の土地価格の平均は坪当たり14万前後とされています。
しかし、あくまでこれは平均の数字なので、地域によってはかなり差が出てくるので注意しましょう。
 

□交通の利便性は?

先程も述べたように自動車道が交差しているため全国各地へのアクセスが良いです。
市内は駅や市役所周辺は大きな道路が通っているのでバスは多方面へ向かって走っています。
 

□最後に

今回は、福島県の郡山市の住みやすさについてお伝えしました。
ご紹介したように、郡山市はとても住心地の良い街です。
新しい場所での暮らしを始めたい方は、福島市での生活をご検討してみてはいかがでしょうか?
自分が生活に求めるものをはっきりさせて自分にとって住みやすい街を見つけてくださいね。

夢住まい館は中古戸建、新築戸建、中古マンションなど様々な物件を取り扱っております。
丁寧で素早い対応で、お客様のご要望に合わせた最適な物件を提供致します。
郡山市・本宮市・須賀川市の不動産探しからリフォームまで夢住まい館にお任せください。
ページ先頭へ