新着情報 イベント情報

最新の新着情報の記事

(前月|次月)
表示月の変更 
お家がほしい!と思ったとき、「何をいつまでにしたらいいのだろう?」
「いったいいつ頃手に入れることができるのだろう」と多くの方が考えるかと思います。
 
不動産購入は多くの方が一生にあるかないか。分からないことがあるのは当然です。
実際、物件を探し出してから不動産購入にかかる期間は1~3ヵ月程度の方がほとんどです。
こんなに短いの!?と驚く方も多いのではないでしょうか?
長い時間をかけて家を買う方も多いのですが、時間をかければかけるほど
理想を求めすぎて疲れてしまった
過去に観た物件を忘れられずに妥協できず決断できないまま月日が過ぎる
というパターンが良くあります。
 
時間をかけすぎても大変な不動産探し。
だからこそ物件購入の流れを分かったうえで購入に向けての段階を踏んでいきたいですよね。
 
 
1.希望条件の確認
今後のお住まい探しのために、ご予算やエリア、お客様の希望条件を聞きます。
同時に資金計画や購入スケジュールの説明をしていきます。
また、弊社では物件をご紹介する前にローンの事前審査をお勧めしています。
そうすることで「実際にどれくらいの借り入れができるのか」、
「どれぐらいの予算で物件を探したらいいのか」が見えてきます。
気に入った物件を申し込んだけどローンが通らなくてあきらめる...
ということもなくなります。1週間ほどで事前審査の結果が出ます。
 
2.物件の紹介
お客様のご条件に合う物件を、資料を基にご紹介します。
 
3.物件の見学→物件の決定
お客様が物件見学を希望したら日時を調整の上、物件の下見をします。
購入までにいくつかの物件を下見するのが一般的です。
お客様から購入の意思を確認できたら売主と価格や引渡しの日取りを交渉します。
 
4.重要事項の説明
重要事項説明書を作成の後、宅地建物取引主任者より重要事項等の説明をします。
 
5.売買契約の締結
重要事項説明の後、お客様と売主の双方の意思を確認できたら契約書を締結します。
締結後に住宅ローン本申込(金融機関にて面談の上行います。必要書類は弊社担当スタッフよりご案内します。)、金銭消費貸借契約(金融機関との融資契約)、残代金の決済をいたします。
 
6.購入物件のお引渡し
 鍵を受け渡して完了です!
 
いかがでしたでしょうか?
候補物件を見つけたり比べたりするのには時間がかかりますが、物件を決めた後の売主様との手続きは弊社スタッフが短期間で進めます。
 
新築物件を購入した際に、多くの方が引越しの時期でお困りです。
「引っ越しはどの時期がおすすめなの?」
「オフシーズンっていつなの?」
このようなお悩みや疑問はありませんか?
引っ越しをするとなると、どの時期に行うのか迷っているという方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず、引っ越しのシーズンを変えるだけで、費用が抑えられる以外にもメリットがたくさんあるのです。
そこで今回は、引っ越しを考えている方に向けて、どの時期に引っ越しをするのがいいのか、理由も合わせて紹介します。
 

□おすすめの引っ越し時期


6月と11月〜12月上旬はオフシーズンなので、買い主も少なく、比較的安く狙い目の時期です。

*6月


6月はジューンブライドで結婚する人が多いため、カップル向けに新築物件が出されることが多いです。
また、空室をなくすために、敷金や礼金が下がることもあります。
ただ、6月は梅雨の季節で、雨の降り具合によっては、作業を延期する必要もあるので注意が必要です。

*10月〜12月上旬


11月〜12月上旬にかけても本格的に閑散期に入るので、比較的安くなります。
しかし、11月は祝日があるので、祝日と祝日周辺の前日は避けた方がいいかもしれません。
 

□オフシーズンに引っ越す際の利点


オフシーズンに引っ越す際の利点として、主に以下の3点が挙げられます。
・引っ越しの費用が安い
・家賃、敷金、礼金の交渉で下がりやすい
・希望の日程が通りやすい

*引っ越しの費用が安い


やはり、繁忙期に引っ越すより、閑散期であるオフシーズンに引っ越す方が物件の需要は低くなるので、費用は安くなります。
ただ、オフシーズンとは言っても、休日や祝日の前や、午前中は比較的値段が上がりやすいです。

*家賃、敷金、礼金の交渉で下がりやすい


新たな賃貸物件を借りる際は、敷金や礼金を払う必要があります。
しかし、オフシーズンの際は比較的買主の立場が強くなるので、交渉次第では、敷金や礼金の値段を減額できます。
 

□まとめ


今回は引っ越しのおすすめ時期からオフシーズンに引っ越しをする際の利点まで解説しました。
おすすめの引っ越し時期はオフシーズンである6月と11月〜12月です。
オフシーズンに引っ越しする利点は、費用が安く、家賃、敷金、礼金の交渉で下がりやすく、希望の日程が通りやすいことです。
引っ越しをする際は時期・日にち・時間帯を変えるだけで大きく費用が変わります。
引っ越し情報について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「坪単価についてよく知らないな…」
「坪単価の求め方について知りたいな…」
このような悩みをお持ちではないですか?
家を建てる際、坪単価は建築費用の比較によく使われるので、耳にしたことのある方は多いです。
とはいえ、坪単価について知らないことも多いですよね。
そこで今回は坪単価についてご紹介いたします。
 

□坪単価とは何なのか


坪単価とは一言でいうと、一坪あたりの建築費のことです。
坪単価は、「家の本体価格」÷「延床面積」で算出されます。
延べ床面積とは、建物の各階における床面積を全て足したものを指します。
例えば、延べ床面積が50坪の物件が3000万円で売られていれば、坪単価は60万円です。
しかし、坪単価を見る際にはいくつか注意すべきことがあります。
 

□注文住宅における坪単価に関する注意点

*計算方法が業者によって大きく異なる


坪単価の計算基準は大きく2種類に分けられ、業者によって使用している基準が異なるので注意が必要です。

・「延床面積」で計算する場合
先述した「家の本体価格」÷「延床面積」で表します。

・「施工床面積」で計算する場合
「家の本体価格」÷「施工床面積」で表します。
施工床面積とは、ベランダ、玄関、吹抜け部分などの延床面積には含まれないものを合わせた面積のことです。
もちろん、これらのものを合わせると、面積(割る値)が大きくなるので、坪単価を安く見せられます。
そのため、坪単価だけを見るのではなく、どちらが計算に用いられているのか確認することが重要です。

*様々な要素によって、坪単価の値は変動する


坪単価は様々な要素によって、値に影響を受けてしまいます。
例えば、決められた設備のグレードを上げたい場合、家の本体価格が上がってしまうので、坪単価は高くなります。
また、建物の形状が複雑だと、手間がかかってしまうため、通常より値段が高くなってしまう恐れもあります。

*本体価格以外にもお金がかかる


坪単価から算出される本体価格以外にも、付帯工事費用やその他の諸費用が発生します。
そのことも事前に予算内に含めておく必要があります。
例えば、付帯工事なら地盤改良工事や外構工事、その他諸費用なら登記費用、地鎮祭費用などです。
そのため、坪単価や本体価格だけでなく、これらの費用もしっかり検討して、物件を購入することが大切です。
 

□まとめ


今回は坪単価の算出方法と注意点を解説いたしました。
坪単価は様々な要素によって変動するので、今回伝えた内容をしっかり頭に入れた上で、費用を検討してみてはいかがでしょうか。
本宮での新築・中古の物件購入について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「新築の購入に関して、絶対失敗したくないな…」
このようなお悩みはありませんか?
新築マイホームの購入は多くの人にとって、人生で最も高い買い物かもしれません。
それを失敗するのは絶対に避けたいですよね。
そこで今回はマイホームの購入を検討している方に向けて、新築購入時における注意点についてお話しします。
 

□価格に関する注意点


マイホーム購入時の問題の中でも、多いのがお金に関するトラブルです。
まず家を買うとなると、本体価格以外にもたくさんのお金が必要です。
マイホームで必要なお金は購入時にかかるお金と購入後にかかるお金に分けられます。
購入時には、税金や手数料などの「購入諸費用」と物件本体価格の1~2割程度である「頭金」を支払わなければなりません。
また購入後には、長期に渡って返済する「住宅ローン」や、マンションの管理費などにかかる「維持費」が発生します。
そのため、これら全てのお金をしっかり支払えるかどうか、シュミレーションしてから購入する必要があります。
 

□業者に関する注意点


住宅の購入は安くないので、悪徳業者に騙されるのは絶対に避けたい事態です。
そのため、これから紹介する項目に当てはまる業者に当たった場合は、依頼を取り下げるべきかもしれません。

*坪単価を安く見せる


何も物件に関する知識がないと、どうしても坪単価だけに目が行ってしまいがちです。
しかし、坪単価を安く見せて、後から追加工事を行うことで価格を上げる業者もたくさんあります。
良い業者は、契約前に物件本体価格以外も含めた、引き渡し価格について伝えます。
一方で、悪徳業者は本体価格のみを提示し、契約後に他の費用を伝えるので、注意する必要があります。

*いきなり大幅な値下げをしてくる


最初の物件見積もりの際、こちらが購入をためらっていると、相手から大幅な値下げを提案してくるかもしれません。
その場合、悪徳業者である恐れがあります。
値下げするには、物件の建築時にどこかを削る必要があるので、品質が落ちてしまう恐れもあります。

以上の2つに該当しているかどうかを、業者を選ぶ際には、しっかり確認することが大切です。
また、悪徳業者を見分ける際には、複数社に見積もりを依頼するのも有効です。
 

□まとめ


今回は新築物件の購入に関する注意点についてお伝えしました。
価格に関しては、本体価格を除いた費用のシミュレーションも行い、支払いの可否について確認しておくのが大切です。
また、悪徳業者に引っかからないためにも、最低限の不動産知識を身に付け、複数社に見積もりを出すことが重要です。
当社では須賀川市をはじめ福島県中エリアの最新物件情報を扱っています。
新築物件について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「新築時に補助金をもらえると聞いたけど、どうやって受け取るのかわからないな…」
このようなお悩みをお持ちではないですか?
新築を購入すると補助金を受け取られるのですが、どうやってもらえばいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
そんな中、少し面倒くさいという理由でもらえるはずの補助金を受け取らずにいるのは、かなりもったいないです。
そこで今回は、新築購入を検討中の方に向けて、補助金の種類から受け取り方まで、ご紹介いたします。
 

□補助金の種類

*すまい給付金


すまい給付金とは消費税率引き上げによって、住宅購入者の負担が大きくなってしまったものを軽減するためにつくられた制度です。
しかし、住まい給付金は誰でももらえるわけではなく、定められた収入以下の条件が当てはまる方のみが適用されます。

また、期間は平成26年4月から令和3年12月までです。
すまい給付金を受け取るには、給付申請書を作成して申請する必要があります。

*市町村補助金


国とは別に市町村単位で住宅取得や改修支援制度を設けている場合があります。
主な助成制度は以下のようなものです。
・太陽光設備
・バリアフリー改修補助
・耐震改修補助・耐震診断
・新築・リフォーム工事費への補助
しかし、これらには国の補助金との併用がないことや、地元の業者による工事であることなどの条件があるので、しっかり助成制度を確認しておくのが重要です。
また期限付きのものも多いため、注意が必要です。

*地域型住宅グリーン化事業


地域型住宅グリーン化事業とは、低炭素住宅のような省エネ性能や耐久性能などの機能を持った住宅を新築する際に、補助金が交付される制度のことです。
大手メーカーではなく、地域に根付いた中小工務店が対象で、一定の水準を満たさなければなりません。
事業者が中小工務店に工事を依頼することで補助金の交付申請が行えます。
そのため手続きは基本的に業者が行います。

*ゼッチ(ZEH)補助金


ZEHとは(ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、エネルギー収支がほぼゼロになる住宅のことを指します。
例えば、ほとんど太陽光で発電したエネルギーだけで、消費生活ができる状態のことです。
補助金を得るためには公募に対する申し込みを行う必要があります。
大まかなスケジュールは、「公募開始→公募締め切り→採択決定→交付」です。
 

□まとめ


今回は新築時における補助金制度について解説しました。
今回紹介した補助金は以下の4つです。
・住まい給付金
・市町村補助金
・地域型住宅グリーン化事業
・ゼッチ補助金
もし一つでも申請できそうなものがあれば、詳しく調べてみてはいかがでしょうか。
当社では須賀川市・本宮市・須賀川市をはじめ福島県中エリアの最新物件情報を扱っています。
新築戸建、新築戸建、中古マンション、土地について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法を知りたい!」
「住宅ローン控除について詳しいことを教えてほしい!」
このような悩みはありませんか?
家を買う際には、確定申告を行うことで所得税の控除を受けられる場合があります。
とはいっても、会社員だと確定申告をすることもないので、どうすればいいのかもわからないですよね。
そこで今回は確定申告の基礎知識から住宅ローン控除のやり方まで解説していきます。
 

□住宅ローン控除とは


確定申告には、所得税の「申告納税」と、収めすぎた所得税を返してもらえる「還付申告」があります。
この還付申告のうちの1つが住宅ローン控除です。
住宅ローン控除では、ローンを組む住宅の購入や一定の条件でのリフォームによって、払いすぎた税金が還付されます。
 

□住宅ローン控除を受けるための手順

*必要な書類をそろえる


まずは確定申告に必要な書類を揃えます。
契約書のコピー、源泉徴収票、住民票などを購入した年の年末までにそろえておくことで確定申告をスムーズに行えます。

*確定申告の記入時のポイント


確定申告書を記入する際は、「住宅借入金等特別控除額の計算明細書」から作成することをおすすめします。
そうすることで、住宅ローンの控除額がわかるからです。
 

□2年目以降はどうなるの?


会社員のような給与所得者は、前回住宅ローン控除の手続きを完了していれば、2年目以降は「年末調整」だけになり、比較的手続きが楽になります。
 

□住宅ローン控除で住民税も戻ってくるってほんと?


住宅ローン控除は所得税からの税額控除が原則ですが、「平成21年度税制改正」により全て控除しきれなかった場合、個人住民税にスライドさせられるようになりました。
特別な手続きをする必要はなく、自動的に個人住民税から控除を受けられます。
また、個人住民税から控除がある際は、翌年の個人住民税に反映されます。
もし、きちんと控除されている場合は「住民税決定通知書」が毎年5〜6月にかけて発行されるので、確認してみてはいかがでしょうか。
 

□まとめ


今回は確定申告の基礎知識から住宅ローン控除のやり方まで解説しました。
確定申告とは税務署に自分の所得と所得税を申告することで、住宅ローン控除とは収めすぎた所得税を返してもらえる還付申告の内の一つです。
当社では須賀川市・本宮市・須賀川市をはじめ福島県中エリアの最新物件情報を扱っています。
新築戸建、新築戸建、中古マンション、土地について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「新築のリビングの照明に関して、どんな風にしようかな…」
このような悩みはありませんか?
新築購入の際に、リビング照明の種類で迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、過ごしやすいリビングにするための照明の選び方を解説いたします。
 

□照明の種類

*シーリングライト


シーリングライトとは天井に直接取り付けるライトです。
部屋全体を均等に照らせるのが特徴です。
リビングで最も使われているスタンダードな照明器具です。

*ペンダントライト


ペンダントライトはコードやチェーンなどで吊るすライトです。
シーリングライトに比べると、明かりの範囲は狭く、場所によって明暗がはっきりと分かれます。
コードの長さを変えられるので、照明の当てたい場所を自由に選べます。

*シャンデリア


次は皆さんご存知のシャンデリアです。
天井に直接取り付けるタイプと吊り下げるタイプがあります。
部屋を華やかに見せたい場合には、検討する価値があります。

*ダウンライト


ダウンライトは天井に埋め込んで設置されるライトです。
一般的に、照明の真下のみを照らします。
見た目がシンプルであるため、他のインテリアと合わせやすいです。

*スタンドライト


スタンドライトは床に置くスタンド型のフロア照明です。
光が弱いため、間接照明として使用されることが多く、部屋をオシャレに見せられます。

*テーブルライト


テーブルライトはテーブルの上に設置するライトです。
おしゃれな空間づくりには欠かせないアクセント照明として使われます。
 

□リビング照明選びで失敗しないために

*ダウンライトの配置に注意する


ダウンライトの配置を間違えてしまうと、明るさが足りなくなる恐れがあります。
そもそも、ダウンライトはシーリングライトよりも光量は少ないです。
それを理由として、ダウンライトを多く配置した場合、電気の使用量が増えます。
したがって、リビングのような広い部屋ではなく、玄関や洗面所などの狭い部屋を、ダウンライトを付ける場所として選んでみてはいかがでしょうか。

*購入前に希望の照明器具が取り付けられているか確認する


シャンデリアやペンダントライトなどの重さに関係のある照明器具を買う際は、設置できない恐れがあります。
そのため、これらの照明器具を取り付けたいのであれば、施工業者に設置について相談する必要があります。
 

□まとめ


今回はリビングにおける照明器具の選び方についてお伝えいたしました。
照明器具は今回紹介したもの以外にも、たくさんの種類があるので、自分に合ったものを選んでみてはいかがでしょうか。
本宮市での新築・中古物件について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「諸費用は具体的に何が含まれるの?」
「新築の諸費用っていくらかかるのかな…」
このような疑問をお持ちではありませんか?
新築の諸費用は、住宅の購入代金には含まれない、税金や手数料などの各種のお金のことを指します。
この諸費用に関して、いくらかかるのかわからない方も多いのではないでしょうか?
そこで、今回はマイホームの購入を検討している方に向けて、新築の諸費用の種類とそれぞれの諸費用の目安や金額の算出方法を解説していきます。
 

□諸費用の種類

*税金


・登録免許税
住宅を購入する時には、土地や建物の買主の所有権を登記します。
登録免許税とは、この登記をする際に収める税金のことを指します。
土地や建物の評価額に対して、一定の税率をかけたのが税額です。

・不動産取得税
不動産取得税とは土地や建物を購入する際にかかる税金のことを言います。
税額は課税標準額×税率で計算されます。
課税標準額とは、実務では原則として評価額のことを指します。

・固定資産税
固定資産税とは、1月1日において、土地、建物、償却資産などの固定資産を所有している人に対してかかる税金です。
納税額は固定資産税評価額により、その年の4月1日〜翌年の3月31日までの分が課されます。
税額はこれまでと同様に、評価額に対して税率をかけることにより算出できます。

*ローン


・保証料
保険料は万が一、住宅ローンの返済ができなくなってしまった際に、肩代わりしてくれる保険会社に支払うお金です。
35年返済、一括払いなら1000万円あたり、20万円前後が目安です。

・融資手数料
融資手数料とは、金融機関に支払う際の取り扱い手数料のことを指します。
基本的に3万円程度または、融資額の2%程度で済みます。

・印紙税
印紙税とは、契約書に貼る印紙にかかる費用のことを指します。
印紙税は主に土地や建物の売買時の契約書とローンを借りる際の契約書に課せられます。
売買契約時には1万円、ローン契約時には2万円かかります。

*売買契約


・仲介手数料
仲介手数料とは不動産会社へ払う報酬のことです。
(物件価格×0.03+6万円)×消費税で算出されます。
 

□まとめ


今回は新築物件購入時にかかる諸費用の種類とそれぞれの目安、算出方法を解説致しました。
諸費用は主に、以下の7つから構成されます。
・登録免許税
・不動産取得税
・固定資産税
・保険料
・融資手数料
・印紙税
・仲介手数料
物件購入時には本体価格だけでなく、諸費用もかかるので、それぞれを予算としてしっかりと計算したうえで、新築を購入することが大切です。
諸費用やその他の物件情報について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「新築のリビングは、どれぐらいの広さが良いのだろう?」
このような疑問をお持ちではないですか?
リビングは家の中心的な役割があるため、建てる前に適切な広さかどうか入念に確認する必要があります。
しかし、どれぐらいの大きさにすれば良いのかなかなかわかりませんよね。
そこで今回は新築のリビングにおける適切な広さについて解説します。
 

□リビングの基礎知識

*リビングとダイニングの違い


リビングはテレビの視聴や読書など、くつろぎを目的とした居間のことです。
ダイニングは食事を目的とした場所です。

*DKとLDKの違い


DKとはダイニングキッチン、LDKとはリビングダイニングキッチンのことです。
これらは公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会が、DKとLDKを区別するために、それぞれの最低限の広さを定義しています。
1部屋の場合、DKは4.5帖以上、LDKは8帖以上、2部屋の場合、DKは6帖以上、LDKは10帖以上と見なされています。
定義に基づくと、下記のようにまとめられます。
・居室が1つで4.5帖以上8帖未満は1DK
・居室が1つで8帖以上はLDK
・居室が2つで6帖以上10未満は2DK
・居室が2つで10帖以上は2LDK
 

□リビングの広さをシミュレーション


今回はリビングの広さを10帖、12帖、16帖に分けてシミュレーションします。

*10帖


10帖のスペースにソファやミニテーブルなどの家具を置くとなると、生活動線を確保しづらくなってしまいます。
特に4人暮らしや大人3人暮らしだとやや狭く感じてしまいます。
そのため、夫婦2人暮らしや小さな子供との3人暮らしだと大丈夫ですが、将来のことを考えると、もう少し部屋を大きくすることを検討してみる余地があります。

*12帖


家具を置いたとしても、4人暮らしの12帖ならば最低限のスペースは確保できます。
しかし、4人暮らしで子供2人が大きくなると、やや狭く感じてしまうこともあるかもしれません。

*16帖


16帖では、大きめのソファやダイニングテーブルなどの家具があっても、広々とした空間に感じられます。
そのため、リビングを広々と使いたいのであれば、16帖ほどの広さにするのをおすすめします。

□まとめ


今回は新築のリビングにおいてどれくらいの広さが必要なのか解説いたしました。
4人家族であれば、リビングを16帖程度にすると家具をおいても広く感じられます。
他にも須賀川市の物件情報について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。
「福島県の本宮市に行く予定だが、どのようなプランにしようかな?」
「本宮市にあるおすすめ観光地を知りたい!」
このような要望をお持ちではありませんか?
福島県本宮市は郡山市からすぐ行ける街で、子供から大人まで楽しめる観光地がたくさんあります。
そこで、今回は福島観光の際にぜひとも寄っておきたい本宮市のおすすめ観光地を4つご紹介いたします。
 

□本宮市の観光地1:「花と歴史の郷 蛇の鼻」


「花と歴史の郷 蛇の鼻」は、チューリップ、バラ、アジサイ、つつじ、ふじなど四季折々の花を観賞できる観光地です。
特に4月上旬から5月下旬にかけて見られる約200本のソメイヨシノ、シダレザクラ、ヤマザクラは圧巻です。
また、園内では登録有形文化財に指定された「蛇の鼻御殿」を見学できます。
 

□本宮市の観光地2:「アサヒビール福島本宮店」


アサヒビール福島本宮店は敷地面積約25万平方メートルと日本最大級のビール工場です。
隣接する「アサヒブルワリープラザふくしま」では、ビールの作り方や本格的な楽しみ方まで学べます。
まさにビール好きにはたまらない場所です。
また、近くの「アサヒビール福島本宮店」では、ジンギスカンと美味しいビールを一緒に味わえるので、時間がある方は寄って見てはいかがでしょうか。
 

□本宮市の観光地3:「プリンス・ウィリアムズ・パーク」


プリンス・ウィリアムズ・パークは2015年にイギリスのウィリアム王子が訪れたのをきっかけに名づけられた公園です。
ユニークなアスレチックや生き物と触れ合える里山あそびゾーンなど、小学生までのお子様が楽しめるエリアがたくさんあります。
お子様連れで本宮市に来たら訪れたい場所です。
 

□本宮市の観光地4:「岩角山(いわつのさん) 岩角寺」


岩角山は天台宗総本山比叡山延暦寺の直末寺です。
岩角山は標高約337mで、山中いたるところに見られる花崗岩(かこうがん)の岩には西国三十三観世音や菩薩が描かれています。
岩角山観光協会では、観光ボランティアガイドも行っています。
 

□まとめ


今回は、本宮市の観光地を4つ紹介させていただきました。
以下の4つが、おすすめの観光地です。
・四季折々の花が鑑賞できる「花と歴史の郷 蛇の鼻」
・ビール好きにはたまらない「アサヒビール福島本宮店」
・イギリスのウィリアム王子も訪れたことがある「プリンス・ウィリアムズ・パーク」
・たくさんの花崗岩に囲まれた「岩角山」
これらの中で一つでも気になった観光地があれば、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
本宮市は車以外にも、バスでアクセスできます。
また、鉄道でのアクセスはJR東北本線「五百川駅」、「本宮駅」が本宮市の最寄りです。
ページ先頭へ