新着情報 イベント情報
2018年08月 新着情報の記事
2018年08月03日

中古マンションの購入をお考えの方必見|購入にかかる諸費用の項目について

これから中古マンションの購入をお考えの方はいらっしゃいませんか?
どんな住宅の場合でもそうですが、中古マンションの購入時であっても気になるのは購入にかかる諸費用ではないでしょうか。


そこで今回は、中古マンションの購入にかかる諸費用の項目を詳しくご紹介します。
 

〇手付金


こちらは中古マンションの売買契約の際に支払うものです。
主要な駅から近い場所に建っているマンションであったり、リフォームの必要がないぐらいに綺麗な中古マンションであったりするなら、売りに出された瞬間すぐに買い手が現れてしまう場合がほとんどです。
その場合には、「この中古マンションいいなあ」と思っているだけでは、後から内見に来た人に住宅を購入されてしまいます。

そのような事態にならないためにも、良い物件を発見した際にはすぐに手付金をお支払して契約を結ぶことをオススメします。
ただし1件だけを見てすぐに決めてしまう必要はありません。
何件か見た上で、この物件にするということを決めた段階で早めにお支払をするようにしましょう。
 

〇初期費用


売買契約を結んだ際には、手付金の他にも印紙税と、その中古物件を紹介するにあったっての仲介手数料が発生します。

印紙税は物件を購入した際の代金全額に対してかかってきます。
仲介手数料にかかる費用は、住宅の購入代金の3.14%で、6.48万円を上限とする料金の半金となります。
またこの仲介手数料には、税金がかかります。
 

〇登記費用


中古マンションの所有者があなたの名前に変更されたことを国に申告する必要があります。
その際にお支払する税金として登記費用というものがあります。
また、この登記費用に関しましては、司法書士にお願いをするケースがほとんどです。
そしてこの司法書士に登記を依頼する際に料金が発生しますので覚えておきましょう。
 

〇不動産取得税


不動産取得税は、都道府県に対してお支払するものになります。
こちらの税金につきましては、いくつかの条件を満たせば軽減措置を得ることが可能です。


今回は、中古マンションを購入するにあたって必要になる購入費用の項目についてご紹介しました。
中古マンションを購入することを考えているという方は、このような費用が必要になってくるということを覚えておくと良いでしょう。

また、この費用の他にもローンにかかる費用のお支払等もございますので、注意してくださいね。


********

スマートフォンアプリ「LINE」で簡単に物件情報が見られる♪
     


●郡山市、須賀川市、本宮市の最新物件情報
●夢住まい館のイベント開催情報
●リフォーム施工例

などなど、気軽に情報が受け取れちゃいます♪

 
 ぜひお友達登録してね★ 


★★★

不動産を買うなら
県中エリア最大級の不動産サイト


不動産を売るなら
カンタン無料で1分査定!

不動産売却ナビ
ページ先頭へ