新着情報 イベント情報
2018年10月 新着情報の記事
2018年10月29日

郡山市に引っ越したい!引っ越しの際に注意すべき年金制度は?

結婚や離婚、就職、退職などのタイミングで、郡山市に引越しを考えていらっしゃる方に、注意すべき年金制度についてお知らせします。
年金制度は、氏名や住所が変わった際には手続きをして届出を出さなくてはならず、それを忘れてしまうと受け取れるはずだった年金を受け取れなくなってしまう可能性があります。
基本的にはどこの市町村でも似たような手続き・年金制度ではありますが、本日は、代表して郡山市のシステムをお伝えしたいと思います。

□引っ越しによって住所が変わる場合
年金を現在もらっていて、途中で住所変更をする場合、郡山市の年金事務所に届け出ましょう。
年金証書、マイナンバー通知書、印鑑が必要なので、あらかじめ準備しておきましょう。

□結婚・離婚などで氏名が変わる場合
*氏名変更の届出
郡山市の年金事務所で、年金証書、マイナンバー通知書、住民票、印鑑を持参して手続きを済ませましょう。

*会社の厚生年金に加入している人と結婚して扶養者になった場合
「扶養者」なので、第3号被保険者扱いになります。
配偶者の勤務先に申し出ると手続きは完了するので、郡山市役所で手続きをする必要はありません。

*会社の厚生年金に加入している人と離婚して扶養から外れた場合
「扶養者」でなくなるので、第3号被保険者から第1号被保険者扱いに変わります。
この場合は、年金手帳、マイナンバー通知書、印鑑、扶養から外れた日にちを証明できるもの、以上4つを持って、郡山市の市役所か行政センターにて手続きが必要となります。

□郡山市に住民票があり、退職された場合
厚生年金から外れますので、手続きが必要です。
郡山市の市役所か行政センターにて、年金手帳、マイナンバー通知書、退職日を証明できるもの、印鑑の4つを持って届出を出すようにしてください。

□その他郡山市の年金に関する手続きについてのご相談
郡山年金事務所では、国民年金や厚生年金を含む公的年金に関する総合的な相談に乗ってもらうことができます。
引っ越し時の年金手続きに関する個別のお問い合わせは、以下の番号に問い合わせることをおすすめします。
電話番号:024-932-3434

□まとめ|引っ越しの際は各種手続きをお忘れなく
住所変更の伴う引っ越しの際は、行政の手続きが欠かせません。
特に生活に関する補助がもらえる健康保険や年金などは、手続きを忘れると大きな損をすることがあります。
今回ご紹介させていただいたのは年金についてでしたが、引っ越しに伴うその他の行政手続きについても、抜かりのないようにお気をつけください。
ページ先頭へ